エポペ航行日誌
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ドイツの歴史・エネルギー教育――「ナチス発言」のゆくえ
2013-08-04-Sun  CATEGORY: 日誌


日本を代表する政治家の「ナチス発言」が国際社会で非常に大きく取り上げられている背景には、福島原発の事故とその後の対応とも密接にリンクしているようです。その前提となっている、現在のドイツの教育や文化の醸成について、示唆に富む内容をご紹介いたします。

2012年3月17日に行われた関東学院大学の2011年度公開シンポジウムで、安田八十五(関東学院大学経済学部教授・工学博士)、木村護郎クリストフ(上智大学外国語学部准教授)、安田治夫(日本基督教団大和教会牧師)の三氏が講師兼パネラーとなり、木村護郎クリストフ氏は、ドイツの人々が、福島の原発事故にあれほど敏感に反応したことについて次のように発言しています。

(関東学院は同志社と並び称される、上智大学以上に歴史のあるプロテスタントの大学の一つです。ラグビー対決でも有名ですが!)

「私も今回、ドイツが福島の原発事故にあれほど敏感に反応したことには驚きました。多分、世界で一番、当事国の日本以上に反応したのがドイツで、なぜここまで過敏なのだろうかと関心をもちました。

今年(2012年)3月11日のドイツの『Die Welt』という大きな新聞の第1面に、『1年後、何も学ばず』というタイトルで日本についての記事があり、1年たっても日本は何も学んでいないのではないかという疑問が挙げられていました。

なぜドイツがあれほど敏感なのかということに関して、いろいろなドイツ人に聞いてみると、何人かの人が共通して答えていたのが、ナチスドイツの反省を踏まえているということなのです。

なぜ、ナチスに関係するかというと、ナチスドイツ、ヒトラーというとんでもない人物についていったドイツ人は、無批判に権威に従ったということがあり、ドイツでは特に1968年以降、そういうことを真剣に問い直す教育が行われてきていて、批判的に物事を見る文化を養成することを教育の根幹に位置づけています。

権威に対する『不信の文化』(Kultur des Mistrauens)ということも言われます。今回、311の後、ドイツと日本のエネルギー問題の教科書を比較してみたのですが、あまりの違いにがくぜんとしました。

日本の教材には原発がいかに安全であるかということを書いてあって、批判的に考えようということはなく、こうなのだと押し付けるかのような教科書でした。しかも原子力が原爆と関係があるなどということは一切出てこないのです。全く一言も書いていない。

エネルギー問題として安全なエネルギーをどう供給するかということに対して日本は頑張っているという宣伝なのです。ドイツの教材は、原爆と原子力の切っても切れない関係という起源から始まって、原子力のいい点と悪い点としてこういうことがあるけれどもどう考えるか、という内容なのです。

(中略)

もう一つ、個人的な見解として、他の点でナチスの歴史から学んだことを応用している人もいました。例えばユダヤ人は、最初、ナチスが政権を取ったときに逃げなかったのです。まさかあんなにひどいことになるとは、その後ホロコーストが起こるとは思わなかった。

ヒトラーはユダヤ人を虐殺すると言っているけれども本当にするわけがないと思っていたのです。ところが徐々にエスカレートして、ついにアウシュビッツに代表される大虐殺に至ったのです。

今回の原子力の問題も、大丈夫と言って安心しているのではなく、最初から、起こりうることは考えないといけないのではないかと、歴史の授業で学んだことを原子力の問題にも応用して考えているという意見があって、大変興味深く思いました」

(「環境問題から見た東日本大震災の意味とキリスト教の役割『環境神学』の構築をめざして」、関東学院大学キリスト教と文化研究所所報2012年度『キリスト教と文化』第11号)

引用が長くなって恐縮ですが、今回の、国を代表する政治家の発言を「問題視しない」日本社会は、やはり過去から何も学んでいないと見られた。

つまり、かつてはナチス・ドイツの同盟国であったということを世界の人びとに鮮明に思い出させた、というだけでなく、今なお、放射能汚染水の漏出事故を隠蔽するような体質の国であり、やはり危ない国だと思わせたという深刻な状況にあるということなのでしょう…。

さらに間の悪いことに、今以上に汚染水が流出する危険があるとの重大ニュースは世界を駆け巡っており、国際社会に多大な迷惑をかけている日本の姿勢として、いかにも適切ではない状況です。

人間は罪を犯すものです。ましてや多くの人間が集まる国家という集まりが無謬であるわけがなく、国という存在がいろいろな意味で罪深いのは、どこの国であっても、むしろ当然なのではないでしょうか。

もちろん、だからといって開き直って、同じ愚を重ねるのは真の狂気ですし、その「国」をあたかも神のごとく絶対視し、ましてやそのリーダーたちをその依代(よりしろ)として崇め奉ることが、いかに危険でカルト的であるかは、過去の歴史が明確に示すところです。

歴史での出来事は出来事として受け止め、今後そうならないようにするのが後進の努めであり、それこそは、先の戦争に否応なく巻き込まれ、わが国だけで300万人を超える尊い犠牲者を出してしまった先人たちの切なる願いではないでしょうか。

(ちなみに日本の現在の年間出生数は100万人を少し超える程度。老人人口だけはその数十倍で、さらに増え続けています。改憲して戦争ができる国にすると息巻く前に、この現実こそを直視すべきだと思いますが…)


※発言者(講師兼パネラー)の掲載に誤りがございました。深くお詫びして訂正させていただきます。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
キリスト者も新年を祝います、が……
2012-01-09-Mon  CATEGORY: 日誌

主の降誕と新年をお祝い申し上げます。
昨年中は大変お世話になり、こころより御礼を申し上げます。

本年は、お年賀を申し上げられるような雰囲気ではないかもしれませんが、
降誕節は今日までなので(カトリック教会典礼暦)、一言ご挨拶申し上げますことをおゆるしください。

祝うは斎うことであり、潔斎して吉事を言葉で言祝ぐ(寿ぐ)こと。
正月はご存じのように、新たな年に歳(年)神様が来られることを祝うからであり、
神道では一年の穢れを祓い、明けて新年となって、春が来ることもお芽出度いということになるのでしょう。

キリスト教の場合は、欧米の新年を祝う言い回しはどの言語でも同様の文章で、たとえば英語では()内のような祈りの部分がかくれています。

(I wish you have a) Merry Christmas and a Happy New Year!

ちなみに韓国語では「福がたくさんありますように」という言い方があり、いずれにせよ、どちらも正月に相手の方の一年の幸福を願う祈りなので、喪中の人には言わないということはないようです。

しかし現在の日本の場合、多くの方が悲しんでおられる国難の最中にあることを考えますと、明けましておめでとうという表現はどうしても憚られてしまいます。

自分自身、柳田國男先生言うところのハレとケの生活の中に生きている日本人の感性があることを切に感じさせられます。

先日出席させていただいた、在京ワイズメン(YMCAサポート団体)の新年会、音楽礼拝の中で、陣内大蔵(CMソングなどシンガーソングライターや音楽プロデューサーでご高名ですが、実は牧師)先生が、寄り添うことの難しさを話しておられたのが印象深く残っています。

昨年の大震災の後、先生が、ご自分のいとこも牧師をしておられる日本キリスト教団新生釜石教会にお手伝いに行かれたときのこと。

そこの教会では、どなたでも参加できる焼き肉会が定期的に行われており、近くの避難所の方も来られていて、たまたま誕生日の方いらしたのだそうです。

そこで先生としては、誕生日のお祝いの歌を歌い、その場を一生懸命盛り上げたつもりだったのだそうです。

ところが、後日その方から、あの日、実は自分は誕生日を祝う気分ではなかったと言われたということです。

先生はこの出来事(恐らく祝われた方は亡くなった方たちのことや現状に想いが向いていたのでしょう…)にショックを受けたということでしたが、わたしにも、相手の方を思って行動することの難しさや辛さがわかる気がします。

お客さまを慰めようと思って話しかけても「ほっといてくれ!」と拒絶されたともありますし、反対にそっとしておこうと他の方と話していると、「無視された」と後で言われてしまったこともあります。

どんなに強そうに見える方でも、人のこころの魂の深い深い部分は、ごくごく繊細で難しいものだとしみじみ思います。

(特にお酒が入っていると、精神的に無防備になっていることが多く、こちらは冗談のつもりでも、大きく傷つく場合もあって、油断できません…)

とはいえ、どんなに注意しているつもりでも、所詮は人間のすること、言うことなので、失敗がつきもの。

このお誕生日の方の場合は、実はあのときはこんな気持だったと、その方が正直に言ってくれたというところが先生の人徳を感じさせ、とにかく関係性が生まれたという意味で、先生の日々の牧者としての姿を彷彿とさせるお話でしょう。

さて、牧師先生ですらこうですから、自分の場合は正直、貝になりたいときがあります。

(ところが、貝になるのもまたゆるされない場合が……)

ですから、どうか、これから一年、わたしの言葉や態度で傷つかれたことがありましたら、何卒ご寛恕くださいますよう伏してお願いいたします。

新年早々、先に謝ってしまうのもどうかと思いますが、難しい年の始まりに、覚悟と願いをこめて、このようなご挨拶になってしまいました。

最後に、先生のとても美しい曲と歌声をご紹介したいと思います。他にもたくさんありますが、どうか、ぜひ、お聞きになってみてください。

作詞・作曲・編曲:陣内大蔵「Where is God」

皆さまのご多幸とご健康をこころよりお祈り申し上げます。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
『陽のあたる教室』(原題: Mr. Holland's Opus)
2011-10-11-Tue  CATEGORY: 日誌

 いま、店内にかかっている音楽は、1995年に製作された映画『陽のあたる教室』(原題: Mr. Holland's Opus)でのBGMです。

 ロードショーでこの映画を観てから、何故かどうしても忘れられず、実はことあるごとに深夜、よくひとりで聞いていたものです。この時間も含めて、お預かりしていたこの場所を、神様にお返ししなければならないときが刻一刻と近づいてきています(10月22日閉店)。

 連休中も閉店の準備が着々と進められています。ツイッター担当スタッフのツイートにもありますが、思っている以上に、自分にも堪えている作業なのかもしれません。それはこの場所が、30年以上にわたって、わたしにとっても「陽のあたる教室」だったからなのでしょう。

 「スプランクニゾマイ」という聖書の言葉がありますが、あれほど、多くの現状分析とシュミレーションを繰り返し、議論を重ねて出した、納得した結論であるはずにも関わらず、なんでもない、ふっとした瞬間に、本当に、はらわたが震える感覚に襲われるのです。涙が出るわけでもないのですが。

 この場所は、信じられないような素晴らしい出会いと友情、そして限りない学びを与えてくれた場所でした。

 いまではもう信じていただけないでしょうが、初めてわたしが足を踏み入れたエポペは、まだニスと木の香りが仄かに残る木目のカウンターと天井が印象的で、真っ白い壁がやわらかな電球の光に反射して、眩く輝くような世界だったことを思い出します。

 そして、まだ若かったネラン神父が、蝶ネクタイにグレーのベスト姿で、満面の笑みを浮かべて迎えてくれた1980年9月16日のことを、昨日のことのようにはっきりと思い出すのです(G・ネラン著『おバカさんの自叙伝半分』講談社文庫 によると、この日がわたしの初来店日だったようです・笑)。

 いまエポペは、徐々に店内から、あらゆるものが取り去られ、開店当初の姿に戻りつつあります。それは、ネラン神父の志の基本に立ち帰ることでもあるのでしょう。

「最も重要なことはイエス・キリストを伝えること、場所や建物に拘るのはバカですよ」という声が聞こえてきそうです。

 今までお支えいただいた、すべての方々に、心より、繰り返し御礼を申し上げます。もう、あと残り僅かですが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

長い間、ありがとうございました。
神に感謝!

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
安全神話は信心の対象でしょうか?
2011-05-08-Sun  CATEGORY: 日誌

あらためて考えるに、原子力の安全神話といったものも、信心の対象といえるでしょうか。

キリスト教では、科学を否定することはありませんが、過信を戒めます。科学によるテクノロジーは手段であって目的ではないからです。

どのような発電方式も、あくまでもテクノロジーの一つの選択肢に過ぎなかったはずです。神ではないわたしたちは、間違い得る存在であり、一たび間違えるとどうなるかを今回の大事故で真摯に学んだのではないでしょうか。

しかも、この事故は未だに終わってはおらず、残念ながら長期化することは間違いないようです。

神ではない人間にも、想像することができます。
はじめから決められた「想定」ではなく、モノであるからには自ずから限界があり、どのような危険が秘められているかを、想像できるはずです。

剰え地震大国であるわが国で、万が一にも同じような事故が他の原発でも起きとしたら、日本の立ち直りは遠のくどころか、想像通り以上の事態になることでしょう。

いま懸案の浜岡原発は、マグニチュード(M)8級が想定される東海地震の震源域の真上に位置しています。

大震災が「想定」さえもされている浜岡原発の即時停止を望む声は、ここ歌舞伎町でもますます大きくなってきています。

<広瀬隆氏講演>
http://www.youtube.com/user/siryou100#p/u/3/50zWZU4rhPw

<小出裕章氏 (京都大学原子炉実験所)講演>
http://www.youtube.com/user/siryou100#p/u/13/w4YYtHnvmcc<

<小佐古敏荘氏(東京大学大学院教授)会見全文>
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/80519.html

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
政治家の皆さまのために祈ります。。
2011-04-29-Fri  CATEGORY: 日誌

 政治家の皆さまなら、もちろんご承知でしょう。文科省によって福島県教育委員会等に発出された「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」の通知です。

 この通知は、福島県の放射線の高い地域の子どもたちについて、校庭で一時間だけしか遊ばせないようにすることなのだそうですが、本当のところ、その意味は何なのでしょう。

 つまりは、非常に危険なのだということを、実際には計らずとも明示しており、それに合わせて突如、福島県の子どもたちだけは許容基準を引き上げるということでしょうか。

(しかも、この数値は外部被ばくのみの計算だけで、内部被ばくについては計算外…)

 このような、法のもとに明らかに不平等なことが、法治国家であるはずのこの日本で許されてよいのでしょうか。

 国民の生命を守るはずの政治家の皆さん、どうかお願いですから、この国難に際して、わたしたちの最大の希望である日本の子どもたちを、地域での差別をせずに、守ってあげてはくれないでしょうか。

 そもそも、この大事故の責任は必ずしも一企業だけのものではなく、実に多くのヒト・モノ・カネがさまざまな形で関わっているのであって、それを間違いなく推進し、積極的に認めて許可してきたのは誰なのでしょうか。

 それを踏まえて「政治主導でしっかりやる」ということなら、どうか、これ以上の被害を出さないように、文科省による通知の撤回を大至急働きかけてくださるようお願いします。

 国民の安全を守る政治家としての使命がいまこそ発揮されますよう、この難局にあたって日本の政治を一身に担う皆さまのために、心からお祈りしております。

<テレビ朝日ニュース>
 ノーベル賞も受賞した国際的な医師の団体がワシントンで会見し、文部科学省が子供の1年間の許容被ばく線量の目安を「20ミリシーベルト」に設定したことに疑問を呈しました。
 アイラ・ヘルファンド医学博士:「衝撃的だったのは、日本政府が福島の子供たちの許容被ばく線量の基準を高く設定したことだ」
 ヘルファンド博士は、「子供の場合、がんになるリスクが成人よりも2倍から3倍高くなる」と指摘して、許容される被ばく線量の基準を引き下げるよう求めました。アメリカでは、原子力関連施設で働く人の1年間の許容量の平均的な上限が年間20ミリシーベルトとされています。
 http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210427018.html

<細川弘明教授(京都精華大学)の深刻なコメント>
 http://www.youtube.com/user/siryou100#p/u/0/Jf-fcdKFu4Y
 http://www.youtube.com/user/siryou100#p/u/1/aU3GSJD_rY0

<時事通信ニュース>
小佐古官房参与が辞任=政府の原発対応批判
 小佐古敏荘内閣官房参与(東大大学院教授)は29日夕、衆院議員会館で記者会見し、30日付で参与を辞任すると表明した。小佐古氏は「今回の原子力災害に対して(首相)官邸および行政機関はその場限りの対応を行い、事故収束を遅らせているように見える」と述べ、菅政権の福島第1原発事故への対応を辞任理由に挙げた。
 小佐古氏は放射線安全学の専門家で、3月16日に起用された。菅直人首相は東日本大震災発生後、東京電力や内閣府の原子力安全委員会などへの不信感から、専門家6人を内閣官房参与として迎えた。その一人の小佐古氏が今回、政権の対応を公然と批判して辞任することは、首相にとって痛手だ。
 小佐古氏は会見で、年間累積放射線量が20ミリシーベルトを上限に、学校の校庭利用を認めた政府の安全基準について「(同程度の被ばくは)原発の放射線業務従事者でも極めて少ない。この数値を乳児、幼児、小学生に求めるのは受け入れ難い」と見直しを求めた。(2011/04/29-22:19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011042900371


 ※5月27日、高木文科大臣は「今年度、学校において児童生徒等が受ける線量について、当面、年間1mSv以下を目指す」と言明。関係各位の皆さまに感謝申し上げます。神に感謝。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 エポペ航行日誌. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。