エポペ航行日誌
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「アフリカから世界が見えてくる」
2013-06-22-Sat  CATEGORY: お知らせ


NPO法人HINTでは、元コンゴ民主共和国大使の高倍宣義(たかべ のぶよし)氏をお招きして、アフリカ講演会「中部アフリカの巨象――コンゴ民主共和国」(6月29日土曜日午後3時、於東京YMCA山手コミュニティセンター、会費無料)を開催いたします。

(今月末の「エポペの集い」は講演会終了後に行われます。集いのみのご参加も歓迎です!)

HINT(ヒューメイン・インターナショナル・ネットワーク/略称ヒント)は約二十年間にわたってコンゴ民主共和国(旧ザイール)の子どもたちの教育に携わってきた、日本で活動する数少ないNGOのひとつです。皆さまのご参加、ご案内拡散へのご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

思い返せば、ルワンダ難民救援コーディネータとして自分がアフリカの大地に立ってから早くも20年近くになります。それをきっかけに、難民の方たちよりも貧しい現地の子どもたちを支援しようと、エポペに集う人々から始まったHINTは、この子どもたちの教育を含む全般的なサポートを続けて参りました。おかげさまで、その奨学生の中から医師や教師、公務員やビジネスマンが生まれています。

この間、HINTは、深夜に急を告げる電話や、迫りつつある軍隊を前にした絶望や悲しみ、暴行される女性や徴兵される子どもたちの苦しみに、限定的でしか関われないもどかしさを常に抱えながら、共に生きてきた感があります。それは世界の現実そのものでもありました。

しかし、その結果、わたしたちが学んだことは限りがありません。
先進国と呼ばれる国々のアフリカでの植民地政策の現実や、旧宗主国の現代に至るまで続く強大な影響力。そして、豊かな自然と地下資源を前に最後の利権を狙う後発の国々の戦略と新たな対立。

それらの問題の中には、わたしたちが日々手放せなくなっている電子機器のための材料(希少金属コルタン)の争奪戦があり、それが紛争の根の一つになっていることも、決して忘れてはならないでしょう。こうして否応なく、今世界で起きている厳しい現実に、HINTも直接・間接的に触れてきたのでした。

「アフリカが見えると世界が見えてくる……」

それが日本で普通に生活するわたしたちの偽らざる実感であり、問題の大きさに圧倒されることもしばしばです。

今回のアフリカ講演会では、かつて日本政府の代表として現地に赴かれ、実際に深く関わってこられた高倍宣義先生をお招きして、貴重なお話を伺います。どうぞ、どなたでもこの機会にぜひアフリカから見える世界をご覧いただき、わたしたちが、いま何をすべきかを互いに深めることができれば幸いです。

感謝のうちに

NPO法人HINT(ヒューメイン・インターナショナル・ネットワーク)
進藤重光

http://www.epopee.co.jp/hint/index.html


<HINT アフリカ講演会> 【会費無料】

テーマ:「中部アフリカの巨象 ― コンゴ民主共和国 ー」

 講師:高倍宣義 氏(元駐コンゴ民主共和国大使)

 主催:NPO法人 Humane International NeTwork

 日時:6月29日(土)午後3時 

 場所:東京YMCA山手コミュニティセンター(402号室)

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2丁目18?12 TEL: 03-3202-0321 (東京メトロ東西線 高田馬場駅下車 7番出口、副都心線 西早稲田駅下車1番出口、都営バス早稲田大学行「高田馬場2丁目」下車)

(講師より)コンゴ民主共和国(旧ザイール)は1960年に独立しましたが、政治的混乱、内乱を何度も味わい、国連軍の展開、外国軍部隊の介入を招きました。冷戦時代には軍事独裁者を生み、民主化の過程でつまずき、暴動と2度の内戦を経験し、国家基盤は崩壊。正当な国家権力を回復するのに15年ほどを要しました。長期の紛争は、経済社会インフラを破壊・疲弊させ、多くの犠牲者を生み、国民を貧困に陥れました。2000年代に入り2度選挙があり、少しずつ良くなりつつありますが、今一度、中部アフリカの大国について考えてみます。

[ 講 師 略 歴 ]
高倍宣義(たかべ のぶよし):兵庫県出身、早稲田大学文学部卒。外務省入省後、南欧の他、モロッコ、チュニジア、コートジボアール、アルジェリアに勤務。邦人援護官、駐中央アフリカ大使、駐コンゴ民主共和国大使などを歴任。

主催者より
大自然と豊富な地下資源に恵まれたコンゴ民主共和国は、アフリカでも屈指の大きさを誇りますが、重債務最貧国の一つでもあります。HINTはこの地で約二十年間にわたって子どもたちの教育に関わってきた日本の数少ないNPO法人です。定期総会に際し講演会を開催いたします。どうぞ、どなたでもお越しください。

お申込み・お問い合わせ:
電話・FAX 03-6279-1080
メール hint_info@epopee.co.jp

案内チラシ:
http://www.epopee.co.jp/hint/news/img/20130629.jpg

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 エポペ航行日誌. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。